【追加募集!】#せかい部を運営したい高1生、集まれ!【中3生のチャレンジも歓迎!】
見出し画像

【追加募集!】#せかい部を運営したい高1生、集まれ!【中3生のチャレンジも歓迎!】

こんにちは。事務局の大屋です。

先日こちらでも告知したとおり、#せかい部 の運営メンバーを新規募集しておりました。

多数の、そしてやはり多彩な方々からのご応募をいただきました!ありがとうございます😊

が、
一部を対象に追加募集をさせていただくことになりました👀

対象は、高校1年生(&チャレンジ意欲があれば中学3年生🎶)です。


なぜ追加募集をするのか。

率直にいうと、高校1年生の応募が少なかったからです…!

現状の#せかい部運営メンバーをみてください。

スクリーンショット 2020-07-28 17.04.35

3年生比率が高い!👀

彼らの推進力でガンガン活動できているのは素晴らしい事実なのですが、夏に差し掛かって進路の準備など忙しくなってくる3年生。今後の活動が同じペースで続けられるかはわかりません。

そこで今回の新メンバー募集だったのですが、多数応募いただいた中で、ほとんどの方が2年生!(誤解なきようご説明すると、もちろん2年生の意欲的なご応募に感謝しています✨ありがとうございました😊)
しかし、来年また同じ状況にならないよう、1年生と2年生を今後なるべく同数にしていきたいのです。


1年生から#せかい部運営に加入するメリット

メリット、なんて書き方は少しいやらしい!?かもしれませんが、学業に部活に趣味に忙しいみなさんをお誘いする上では大切なこと。実際に現在1年生でありながら#せかい部をリードしてくれているふたりに意見を聞いてみました。

スクリーンショット 2020-07-28 17.38.29

海外について語り合える素敵な先輩に出会えたことや、その仲間たちとしか叶えられない経験ができることを楽しんでくれているようです。
考えてみれば、違う学校の上級生と一緒にプロジェクトに関わる機会って結構貴重なのかもしれませんね。
(りょうくんそうたろうくんの自己紹介記事もぜひ読んでください🎶)

また、運営事務局(文科省などの大人たちがやっています)から見ていて思うのは、「出会いは早い方がいい」ということ。
この「出会い」はもちろん素晴らしい仲間たちのことも指していますが、「世界に関する情報」や「プロジェクトに関わる経験」との出会いも同時に意味しています。
現状2年生の応募が多いのは、きっと「ある程度の経験、できるコト・スキルが身についてからやりたい」という人が多いためではと思っています。もちろん、アウトプット中心の#せかい部活動では、そういったバックグラウンドが存分に活かせるのは事実です🙌
ですが、経験というのは積み上がるもの。少しくらい未熟であっても、早く経験した方が、成長は加速していきます。つまり、迷ってるなら今から参加しちゃった方が、来年の自分が発揮できるパワーはさらに強くなるわけです💪

ましてや現状、先輩が中心の組織になっているのです。運営経験も先輩から学べる、最高のチャレンジチャンスですよ👍

以下事務局大屋の私見ですが…
「迷ってる」という状態は、すでに心が決まってませんか?
「やってみたい(けど迷う)」ってことは…とりあえずやってみるしかないじゃないですか?😊
興味があるのにチャレンジしないでモヤモヤしちゃうのが一番もったいないですよ〜。


興味はあるけど迷ってる…!そんなアナタへ。

みなさんの心の中にいま浮かんでいそうな疑問に勝手にお答えします!

Q1. 海外経験豊富だったり、特別な経験があったり、帰国子女じゃないといけないんでしょ…?

決してそうではありません。が、結果的にそういう方が多いのは事実です。でも現に、「去年生まれて初めて海外に行って感動した!これからもっと海外のことを調べて発信したい!」というメンバーもいます。
必須なのは、「海外に対する好奇心」と、「発信したいという意志」それだけです!
逆にいえば、あなたの周りになかなかいない、スゴい海外経験をしたことのある同年代と繋がれるチャンスなのでは!?👀💥


Q2. 英語は苦手です💦それでもできる活動はありますか?

英語が必須な活動はないです。主な活動は、日本語での発信です。ご安心を😊でも、得意な言語がある人は、それを武器にしてコンテンツ発信を企画してくれています。結論は、できてもできなくてもOK🙆
せかい部運営には英語が得意な子も多いから、勉強法を相談しちゃうのもアリかも。


Q3. どのくらい忙しいんだろう…?いまの生活と両立できるかな…?

運営メンバー間で、テスト期間などの忙しい時期は共有しあって、「今週はレス遅れるよ〜!」「OK〜!」と配慮しあっています。
また、積極的な参加を歓迎しますが、学年が上がるにつれ変わる生活スタイルや受験準備などは考慮します。
最低ラインの目安として、Twitter / インスタ / noteのどれかの投稿案を作成したり、企画のアイディアを出すことを、月に一回以上してもらっています。
あとはみんなそれぞれの得意範囲を生かしながら分担しています✨


応募はこちらから!

ここでしか出会えないスペシャルな仲間たちと、貴重な経験ができること請け合いです!
たくさんの1年生、中3生のご応募をお待ちしています〜!

スクリーンショット 2020-07-28 17.52.59


この記事が参加している募集

一度は行きたいあの場所

#せかい部 (powered by. 文科省)は、普段、触れ合うことが少ない世界と触れ合うことができる、高校生による高校生のための「ソーシャル部活動」です!noteでは、個性溢れる旅好きな高校生運営メンバーがそれぞれの視点から世界の魅力を発信していきます!