空耳聞こえる?! サッカー好きにはたまらないドイツ語の話
見出し画像

空耳聞こえる?! サッカー好きにはたまらないドイツ語の話

画像1

ドイツといったらソーセージビール!あとはサッカーかな〜...

そんなイメージを勝手持っている筆者ですが、
今回はドイツ語を学習している友人にインタビューをして魅力についてたくさん語ってもらいました!

Guten Tag :)
せかい部運営のレンです。
前回はアラビア語について私が愛を語りました♥
読んでない人は要チェック!


そんな私....ではなくて、友人がドイツ語への熱を語ってくれた話をもとに
私が記事を書いていきます。
「ドイツ語にはこんな面白い魅力があるのか」と感じるはずですよ!

私の友人をこの記事ではペーターと呼ばせてもらいます(笑)
ドイツで有名な名前らしいです。

ドイツ語を始めたきっかけと魅力

 ペーターは家族の転勤の関係で小さい頃にドイツに住んでいて、馴染みがあったから高校でドイツ語の授業を選択したよ。
小さい頃を使えなかったドイツ語を喋ってみたい!そんな気持ちをもってたんだって。

ドイツ語にはドイツ語のかっこよさがあるよ!
よくドイツ語を喋ると怒っているみたいって言われるけど、そう聞こえちゃう発音とか抑揚もドイツ語にしか無くてかっこいい☆

そして一番の魅力は、サッカー!

世界でも1位、2位を争う強さのドイツのサッカーを
ドイツ語の解説と一緒に理解できるようになることが最高に楽しい‼
もちろん、サッカーの解説を現地語で聞けるのも嬉しいし、知ってる単語が出てきて理解できたときの喜びも重なり、サッカー観戦が何倍も楽しくなるんだって。

サッカーが好きな人におすすめの言語だね!

こうやって自分の好きなものに学んだ外国語が重なったときってなんとも言えない
喜びがあるんだよ(笑)
これは言語学習してないと味わえない感覚。

おもしろドイツ語

ペーターが興奮気味に見せてくれた動画を見て、私も大爆笑。
ドイツ語には日本語に聞こえる空耳がたくさんあるらしい。

見せてくれたのは、ドイツ語の映画に”空耳字幕”をつけた動画だったんだけど、
本当に日本語に聞こえるの!
しかも面白い単語に(笑)

例えば
真面目なシーンなのに

「タイが食べたい」
とか
「大っ嫌いだ」「ださいし」

っていう空耳が聞こえるの(笑)
「ドイツ語 空耳 映画」で検索すると出てくるからぜひ見てね。
ドイツ語のは載せられないから、違う言語のやつ貼るね。
本当に面白い。


結構笑えるのでカフェでこれを見ると、
私のように周りから変な視線を感じます.......


でもこの空耳、実際にドイツ語を学んで同じ文章を言ってみても
空耳に聞こえないんだって。
ネイティブの抑揚とかアクセントが必須なのかな。

ドイツ語の豆知識

実は日本で馴染んでる言葉がドイツ語だったり、
ふとドイツ語の単語を見つけることができるんだって。

有名なのは、病院のカルテとか、お菓子のバームクーヘンアルバイトとかがドイツ語由来の日本語として挙げられるんだって。
調べればもっとたくさんあるはず!

日常の中でのドイツ語として

世界史をやっているときに
「あれ、ドイツ語と名前が微妙に違う」
なんてこともあるんだって。

例えば、ミンネジンガー(ドイツの詩人)と表記されていても
実際にドイツ語で見たらミンネ””ンガーじゃない?となったそうです。

現地読みと日本語読みってちょっと違いますよね。
アラビア語でもこうやって気づくことあるよ.....(いつか記事書きます。)

最後の豆知識は
日本人にもドイツ人にもウケるはず!

日本語の会話の中で「あっそー」って使うよね。
相槌を打つ時とかに。

なんと、
ドイツ語でも「アッソー」を使うんだって。
しかも、使い方もほぼ一緒!

なんて偶然。

ドイツ語では”Ach so”と書く。

ドイツ人の友達とこの話を共有したときも大ウケ。
お互いにこの共通点に驚きました。

こういう似てる部分を見つけるとなんだか親近感がわいて
この言語勉強したいなってなるよね‼

今日から使えるドイツ語

最初に使った”Guten Tag”は
ドイツ語のあいさつで、グーテンタークと読むよ。

これは知ってる人多かったかな?

名前を言うときは

Ich bin 〇〇 (イヒ ビン 〇〇)

私なら Ich bin Ren
簡単だ!

でもね、発音が難しい(泣)
この””は空気音で日本人の私に出しにくい音。

練習すればできるようになると、
ペーターは慰めてくれました。

もう一つ、「お腹が空いた」も教えてもらったよ。

Ich bin hungrig (イヒ ビン フングリッヒ)

よし、これで自己紹介して
食事にありつけるぞーー!(笑)


正しい発音はテクノロジーを使って
聞いてみてね:)

まとめ

ドイツ語の魅力を感じ取っていただけましたか?
少しでもドイツ語面白そうって思うようになったら嬉しいです!

ペーターはドイツ語喋れたらかっこいいなと思って勉強をはじめて、今では毎週の授業が楽しみに感じるほどドイツ語愛が増しています。

そして、ドイツ語を勉強していることで、自分の自信にもつながったと言っていました。他の人が勉強していない言語を学ぶことを自分のアイデンティティとして、周りと自分の違いを見つけられたそうです。

そんな自分の人生を豊かにしてくれる
せかいの言語
ぜひ皆さんもトライしてみてね!

以上、せかいの言語の魅力 ドイツ編でした。

P.S.
ドイツのプロサッカーリーグ、”Bundesliga”
世界中のサッカーファンを魅了し続けているこのリーグ。日本では感じることのできない世界レベルのプレー、そして観客の熱狂的な応援。
そんな現地でしか味わえない雰囲気を、実際にドイツでこのリーグの試合を見ることで体験してみたいと、ペーターは言っていた。
きっとサッカーを良く知らない私でも現地の雰囲気に圧倒されるだろう。いつか私も行ってみたい。その時はドイツ語を勉強して現地人とも仲良くなれたら良いな。


せかい部 バナー



この記事が参加している募集

一度は行きたいあの場所

#せかい部 (powered by. 文科省)は、普段、触れ合うことが少ない世界と触れ合うことができる、高校生による高校生のための「ソーシャル部活動」です!noteでは、個性溢れる旅好きな高校生運営メンバーがそれぞれの視点から世界の魅力を発信していきます!