驚きとワクワクの2ヶ月間✨✨ 〜#せかい部×SDGs ジェンダー平等〜
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

驚きとワクワクの2ヶ月間✨✨ 〜#せかい部×SDGs ジェンダー平等〜

「私たちの世代が世界を変えていかなければならない」

これは私が#せかい部×SDGsの活動を通して
1番に学んだことです📚

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは!

#せかい部運営のノノカです🍓


今回は約2ヶ月に及んで活動してきた
#せかい部 ×SDGsの企画の

「ジェンダー平等を実現しよう」

に焦点を当てて
これまでの取り組みを
紹介していきたいと思います🙋‍♀️

1.課題のありか

国立女性教育会館専門職員の佐野敦子さんから
ジェンダー平等問題の課題のありかを学びました。


ところで皆さん、

ジェンダー」って何か分かりますか?🤔💭


ジェンダーとは

社会的・文化的に形成された性別

のことを指します。

例えば、、
「女性が家事をして男性が働く」
「医者や弁護士、パイロットは男性の職業」などなど...

このように
女だから〇〇、男だから〇〇、という

ジェンダーステレオタイプ

が日本には根強く存在しているのです。

それにより、

女性だからという理由で
伸び伸びと社会で活躍することができなかったり、
LGBTQ+の人々が社会に受け入れられないことがあったり....

といった様々な問題が日本の社会で起きています。

💭実際日本は世界と比べるとどうなの??

「国際的な視点で見ると日本の課題がよくわかる」

と佐野さんは述べていました。

そこで日本は世界と比べて
どれほどジェンダー平等が遅れているのか
比較していきます。


1つ目はこのグラフ📊⬇️

画像1

まずこのデータは管理職の女性の割合を示したものです。

日本の女性の管理的職業従事者の割合は......

13.2%!!

他の国と比べてみてもかなり低いことが分かりますね。

また2つ目のグラフを見ると👀⬇️

画像2

日本人の男性の育児をする時間が
他の国の男性よりも
圧倒的に少ないことが分かります。

そして日本のジェンダーギャップ指数は

121位(153カ国中)

だったり、、

女性議員の割合ランキングは

165位(193カ国中)

とG20諸国の中でも最低水準となっています🤭

最後に3つ目のグラフを見てみます👀

これは日本が現在SDGsのテーマ別に
どれほど達成できているかを表しています。⬇️

画像3

日本はSDGs達成に向けて頑張っているのが
このグラフを見てよくわかりますね✨

しかしジェンダー平等のところだけ
他のゴールよりも達成率が
大幅に低いことが分かります😢







このように、
私たちが生活している中では
気づくことが少ないかもしれませんが

日本は

ジェンダー平等が全く成し遂げられていないのです。


日本のジェンダー平等の現状を
初めて知った人もいるのではないでしょうか?🏳️‍🌈💭

日本にいるだけでは分からない。

だからこそ
国際的な視点をもち

日本の社会を変えないといけない

と強く思う人が必要です。

社会は変わるし、変えられる!


これが佐野さんの想いです。

よって課題のありかは
日本には
ジェンダーステレオタイプが根強く残っていること
だと考えられますね ⚧🤝🇯🇵


2.印象に残ったこと

残り4回の講義では、

内閣府男女共同参画局、ニュージーランド大使館、

国連女性機関、衆議院議員

の方からお話を聞きました✨

私が1番衝撃的だったお話を紹介します。

国連女性機関🇺🇳の中村さんのお話です。

アフリカのある国で中村さんが
性暴力や女性に対する不当な扱いはダメです!
と現地の男性の人々に注意したところ

「なんで女性を襲っちゃだめなの?」

という質問が多数上がったそうです。

これを聞いた高校生レポーターみんな
びっくりしました。

怖いなと感じたのと同時に
未だにそのような文化が残っている
という現実を突きつけられました😢





全講師の皆さん共通して伝えていたことは

社会の考え方を変え新しい社会を築く

ということです。

いくら法律が変わろうとも
人々の意識が変わらなければ意味がないですよね。


1人1人違うことに価値を持つ。

違いをリスペクトし合って支え合う。

多様性の第一歩としてジェンダーを認め合う。


どれも講師の皆さんが話されていた素敵な言葉です。

最後に!!!
高校生の時アメリカへ留学し女性議員として活躍している
衆議院議員の野田聖子氏からのメッセージを紹介します✨

自分の中の可能性は無限大。
真面目なだけが人生じゃない。
失敗が結果としてプラスになっていく。
「できる」ということ。
自分で何かしようという発想を持つことが大切。

と非常に心に刺さるお話をしていただきました。

コロナ禍だからと言って怯えず、
今できることを必死に頑張る姿は
本当に尊敬です✨

また
多様性の第一歩としてジェンダーを認め合うべき
という言葉も心に刺さっています。

多様性、ダイバーシティという言葉が
溢れている社会ですが
じつはその初めの部分にも
取り掛かっていないのです。

他にも日本の性教育やクオータ制、夫婦別姓問題
について国会議員の視点から面白いお話を
聞くことができました✨

(詳しくは高校生レポーターの皆さんが話してくれるでしょう!笑)

3.まとめ
ジェンダー平等という言葉はよく聞きますが
改めて専門の方からお話を聞くと
自分の知らないことはもちろん、
日本が他の国に比べてどれほどジェンダー平等
が進んでいないのかよく理解することができました。

そしてそれが喫緊の課題であるということも
よく分かりました。

また活動を通してジェンダー平等だけでなく
人生のお手本になるようなお話も
聞くことができたと感じます🗣

毎回zoomに入るたびに刺激的なお話を聞けましたし
学んだ内容を繋げて考えるのも楽しかったです🎶

そして何よりも同じ志を持った
全国の高校生レポーターの人と
出会えたのが嬉しかったです☀️

今後も#せかい部×SDGsの探究を
日々のニュースや学びに学校の授業に
活かしていきたいと思います💪

長い報告でしたが最後まで読んでくださり
ありがとうございました🌸

(ののか)

せかい部 バナー


#せかい部 (powered by. 文科省)は、普段、触れ合うことが少ない世界と触れ合うことができる、高校生による高校生のための「ソーシャル部活動」です!noteでは、個性溢れる旅好きな高校生運営メンバーがそれぞれの視点から世界の魅力を発信していきます!