インターンあみのNYダンス留学story 準備編
見出し画像

インターンあみのNYダンス留学story 準備編

皆さんこんにちは!
最近のおうち時間でのマイブームは紅茶を飲んでリラックスすること☕️
せかい部事務局インターンのあみです❣️

今回は、私がトビタテ!留学Japan高校生コースに応募し、ニューヨーク🗽にダンス留学したお話をしていきたいと思います💃
私はトビタテ!留学Japan高校生コース スポーツ・芸術分野 3期生として留学🌏

今回の記事は準備編・留学編の2つに分かれているので、合わせて読んでいただけたら嬉しいです💕
まずは準備編!! Let's Go!

〜留学をしようと思ったきっかけは?〜

そもそも私は、小中高一貫の英語イマージョン教育を行なっている学校に通っていて、留学が身近にある環境にいました。ある程度英語が身についていた私は、「いつか留学してみたいけど、語学で行くのももったいないな〜」と頭のどこかに「留学」という文字があるくらいでした。

ダンス留学も考えてはみたものの...
ダンスだけでなく、スポーツ、芸術、様々な分野において、留学する人は、実績があって、受賞経験があるような人にしか留学は難しい...
そういったイメージがある人も少なくないはず。私もその一人でした。

そんな私がはっきり留学を志すきっかけとなったのは、中学2年の冬。
学校で、先輩のトビタテ留学体験談を聞いた時でした👀
その説明会で、トビタテ!留学Japanの存在を知り、さらにダンス留学をしている先輩に出会い、「トビタテは、とにかく意欲があれば大丈夫!実績は関係ないから挑戦してみたら?」と言われ、「これがチャンスだ‼️」と、直感で思ったことがきっかけでした。

~留学計画書作成は大変?プログラム探しは?〜

トビタテ!留学Japan応募にあたって、最も重要とも言える「留学計画書」
確かに、先輩として後輩の書類をチェックしたこともありますが、一番苦戦する所かもしれません😅
でも、大切なのは、一人でやろうとしすぎないこと!
私は、先輩や、先生とたくさん話して、自分の考えを深めていきました。正直、多くの人が最初は、「留学に行きたい!」その一心ですよね?
なので、そこから、
留学に行ったら○○ができる→○○のような成果を得たい→○○のような人間になりたい
のように、考えを膨らませていくことが重要だと気づきました!
「またかよ💦」と思われるくらい、職員室から先生を呼び出し、先輩にLINEをし、質問していたのを覚えています😂
プログラム探しでは、語学などに比べて、ダンス留学プログラムは少なく、少しでも興味のあるプログラムを提供しているエージェントに自分でメールを送っていました✉️

当時私は中学3年生。初めての作業で、不安もありましたが、やるしかない!と思って、エージェントとの交渉を行いました。

画像1

実際の私の留学計画書です。
中学3年生だったので、文章がかなり子供ですが、どうか温かい目で🙏

とにかく、留学に行きたいという強い意思が伝わるように意識していました!

画像2

トビタテの2次試験、面接で使ったスケッチブックの1ページ目です⬆️

面接では、とにかく明るく、ハキハキと、留学に行きたいという熱意が伝わるように意識していました。あまり、手応えがなく、面接後は自信がなかった記憶がありますが、とにかく全力で自分の考えを伝えることが大切だと思います🔥

〜親はすぐ賛成してくれた?〜

先に言います。あまりオススメはしない回答ですw
トビタテの応募をしていた私が中学3年生の年は、あいにく、親の仕事がとても忙しい時期でした。でも、さすがに無断で留学計画をするのはいかがなものかと思い、「ダンス留学を考えていて、トビタテ!留学Japanという留学制度に応募します」くらいの軽い説明をして、全てを進めていました💦
今になって話を聞くと、一人で留学するのではなく、トビタテ自体が留学プログラムのようなものだと思っていたらしいです😂
なので、トビタテに合格しても、私より何倍も反応が薄く、エージェントからの連絡に、詐欺かもしれないと疑って、書類が届いて母が学校に電話したりと合格後にプチパニックに。事前研修で文部科学省に行った時、想像以上の規模の大きさに、母は戸惑いを隠せない様子でした😅
トビタテ合格後、母に質問攻めにあったことを覚えています...
※マネしないでくださいww

でも、留学自体は応募前から了承してくれていました。
トビタテの留学以外にも今まで留学プログラムなどに参加していますが、全てにおいて応援してくれている両親には感謝しかありません🙏❤️

〜留学前の準備・心境〜

海外には、修学旅行で行ったことはあるものの、一人で日本から出ることに、大きな不安はありました。たぶん、ほとんどの人が不安を抱えたところから留学がスタートします。
飛行機では、ドキドキが止まらず、13時間のフライトにもかかわらず、全然眠れなかったのを覚えています✈️
同時に、親もとても心配していました。(それもそうか...😅)

事前に、留学経験のある人からアドバイスをいただき、圧縮袋を活用したり、夏でも羽織るものを準備したりしました!

ちなみに、夏休み期間での留学だったので、死ぬ気で宿題を終わらせてから留学しました😖
持っていっても、やる時間もなく、やらずに終わったという話をたくさん聞くので、荷物にもなるし、嫌でも留学中は避けるよう、工夫することをお勧めます!

いかがでしたか?自由奔放な私の性格が存分に出てしまっている留学準備でしたね😂
留学前は、とにかく人に聞くことが重要だと私は感じました!
インターネットなどにももちろん情報はたくさん掲載されていますが、果たしてどれが合っているの?と思ったことはありませんか?
少し緊張したりするかもしれませんが、周りの人に聞いてみることをお勧めします🙆‍♀️

質問などはコメントまで!
次は、いよいよ留学中の様子についての留学編です!
最後まで読んでくださりありがとうございました❤️

せかい部 バナー


#せかい部 (powered by. 文科省)は、普段、触れ合うことが少ない世界と触れ合うことができる、高校生による高校生のための「ソーシャル部活動」です!noteでは、個性溢れる旅好きな高校生運営メンバーがそれぞれの視点から世界の魅力を発信していきます!